6000年前の耳飾りの製作遺跡
                              極楽寺 藤田富士夫

 曹洞宗の古いお寺として知られている、眼目立山寺とは、上市川をはさんで向かい合う
河岸段丘に極楽寺遺跡がある。
 遺跡の畑では、土器や石斧のかけらが拾えることがある。
 土の中にあるそれらが雨や畑作りで掘り起こされてたまたま地表面に出てくる。
 これらが出てくるのは、昔、そこに人がすんでいたことの証拠である。
 昔とはいつの頃のことなのであろうか。

 出てくる土器の種類で時代が分かる。
 それは、考古学者によって、今から約6000年前の縄文時代前期と鑑定されている。

 はるか昔の極楽寺遺跡の縄文人は、死産の恵みを多いの利用していた。
 上市川の鮎や、サケ・マス。山々の山菜やキノコ。 ドングリはつぶしてダンゴにして食べる。
 クルミやクリは豊富にある。そして、シカやイノシシを狩る。

 狩猟採集民は、年中飢えていて、裸に近い格好で毛皮をまとっていたとイメージされる。
 しかし、そうではない。

 食料は豊富で、食物繊維で作った着物もあった。むしろ、江戸時代のほうが、食糧不足(飢饉)や
飢えがひどかった。

 極楽寺遺跡は、滑石やろう石といった柔らかい石で作った耳飾が出ることで、全国でも有名である。
 作りかけや失敗品もあって、ここで耳飾りを作っていたことが分かる。
 この耳飾りは、アルファベットのC字形をした耳飾りで、「けつ状耳飾り」と呼ばれている。
 あらかじめ耳たぶに開けた穴に通してぶらさげるものである。

 縄文時代は、耳飾を作る遺跡、石斧を作る遺跡など村々の特産を生かした暮らしがあった。
 耳飾りや石斧をもらった人々は、大切な品物を代わりに渡した。原始的な市場もあって、
遠くの人々とも交易をしていた。
 耳飾りで身を飾ったオシャレな縄文人は、私たちが想像する以上に精神生活が豊かであったらしい。
 
 極楽寺遺跡は、縄文時代の社会や交流を知る上で、貴重な情報をいくつももたらしてくれる。

                     もどる